スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ディフォーマー】対戦記【vsTG緊テレ代行】

サイドが固まる前にメインが溶け出しました。どうも、ととりです。


 4~5回ほど弟と、勝負しました。
 
 そこから見えたものとしては、

 ・モバホン1枚が来ないだけで完全に止まる。
 
 ・機械複製術が来ても対象が少ない(リモコン・モバホンのみ)

 ・D・スピードユニットが強いのか弱いのか分からない。

 ・手札が無くなるだけで困窮。

 ・クェーサーまでは行ける。


 上から、

 モバホンが来ないだけで止まる。仕方ない。キーパーツであり、エンジンであり、運要素の塊ですから・・・。そういうのを見越して、ラジオン3枚体制にするとか対応しないとな~と感じました。Dって、レベル4チューナーがいないんだよね・・・。ツライ・・・。

 機械複製術は・・・エンジン増殖装置だから2枚にしようか・・・3枚にしようか・・・。2枚にしてみます。1枚神宣入れます。

 D・スピードユニットは、チェーン処理時にその対象をとったカードがないとドロー出来ないという微妙な感じに・・・\(^o^)/ 強いんですけどねー

 手札が無くて~・・・すごく感じました。ライロだと手札が無いからどうしたの? ってなるんですけどね・・・。

 クェーサーまでは行ける―というか、弟にクェーサーまで何枚で行けるのって聞かれたから2枚って答えました。
そうしたら絶対かと問われて、絶対な訳がないと答えましたw

 理論上は2枚で行けるんですよ。何故それを理解しないのか! こんなデッキつくんねぇなって言ってたので、ライロでボコしました。ライロに勝ってから喋ってくれ。TG緊テレ代行が流行んない理由だと思うから。
スポンサーサイト

コメント

Secret

KEYWORDS:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。